無料お見積依頼
メールでのお問い合わせ
 
ホーム > 手ぬぐいの染色

手ぬぐいの染色

「手拭い染卸工場」の手拭いはすべて特別注文で承っており、その製作工程も、すべて職人の手によって作られております。

熟練の技からなる高品質と、卸問屋だからこそのお手頃価格。両者を実現できるのは「手拭い染卸工場」だからこそ。皆様に自信を持ってお届けしております。

手ぬぐいの染色手法には、注染/顔料プリントなどがあり、以下にご紹介いたします。
なお、染色では、ご指定の色と仕上がりの色に若干の差が生じる場合や、季節によって発色に差がでる場合もございます。「職人の手作業ゆえの味わい」とご理解いただければ幸いでございます。

注染(ちゅうせん)

「注ぎ(つぎ)染め」、「注ぎ込み(つぎこみ)染め」とも言われている染色方法です。水に溶かした染料を、重ねた布に注いで染めます。手拭いの染色によく使用される伝統的な手法です。

まず、柄に合わせて型をつくります。生地1枚毎、型にそって、柄など染めない部分に糊を付けます。糊の乾燥後に、染める部分に土手を作り、その土手の内側に染料を注いで布を染めます。
一度に多色を染めることも可能です。染料は布の下側に抜けるため、布の芯まで染まります。
さらに生地を反転させ、同じ方法で再度染めます。

手拭い(注染)
 

裏抜けしますので、裏から見た場合、文字や柄は反転しますが、色の濃さは表裏で変わりありません。職人の技による手染めは、独特の色あい 、画風が表現されます。

顔料プリント(がんりょうぷりんと)

プリントは別名「捺染」(なせん・なっせん)とも呼ばれる手法です。

顔料は、塗料、印刷インク、化粧品、絵の具などと同じ性質のもので、染色する生地に直接の作用はありません。
生地に表面的に着色しているため、摩擦により剥がれる場合もあり、洗濯には向いておりません。
しかし、紫外線に対する耐久性が良いため、屋外に使用する旗、のぼり、幕などによく使用されます。

顔料プリントでは、顔料と、顔料を繊維に固着させるための接着剤を混ぜて着色します。
製版の後、1色毎にプリントして、仕上げていきます。
片側の表面印刷となり、色抜けしないため、裏から見た場合は、白い生地のままとなります。
また、仕上がりにはフチができます。
注染に比べ、小さい文字やイラストなどの表現に向いており、価格もお手頃になります。

手拭い(顔料プリント)